というため、山田は3番で。

ということになると前後の打者をどうするのか?というジレンマに。
意外と、山田には、ランナーおる状態で打たせることを考えて、前の打者は、出塁比率が厳しい打者を置かないといけない。
そうすると代わりは、二つ。前年みたいに首位打者です川端と、今期、3割をキープして要る坂口。こういう2択であることは請け合い。
こういう2顧客は、取り敢えず左側打者です時。山田は右側打者です時。恋人にとりまして、左側打者は、圏外にとりづらい。
当たり前の結果はあるのですが、1塁ベースには、左側打者のほうが近いですし、左側打者は、打った道順に滑ることができるので、左側打者のほうが、ヒットになる確率が高い。イチローがそんなふうにでしょ。
内野安打が多いのは、そういうことであるのでね。
ですから、本当は、バレンティンがホームラン打者であるので、出塁比率が大きい山田ののちに置く。それも4番に捨て置くのが、マキシマムではあるのですが、亭主は守備に乗り物に不安あるので、終盤。山田ののちに代走で出たアスリートという結果、敬遠される動揺がありますからね。
そんなわけで、4番ね。左側打者で此度打者の雄平は最高なのですが、今年も相変わらずであるのでね。ってなると、川端か。xn--cck7asv2b2jwdvc8209cje8acvitzxp43enck.xyz